最近の円安や株価などに関するニュースの考察

最近は円安の基調で、株価が上がっている事によって大企業を中心に労働者の給料が上がっているニュースの話題が気になります。大企業や輸出関連の企業で働く人は給料が上がっても、円安によって輸入される食料を中心に価格が上がって、所得の低い人ほど円安や株価の上昇の恩恵を受けにくいです。

現在はガソリン価格が意外にも低く抑えられていて、物価高による生活の不便さを感じているという声はさほど多く聞かれません。

リーマンショックの後の経済は混沌としていて、雇用の情勢も今よりもあまり良くなかったです。アメリカ経済が良くなった事で、円安や株価高の恩恵を受けて、就業しやすい状況になった事は一般市民に対して助かった事と言えます。

急激な円安が進んだり、株価が乱高下している状態ですが、ニュースで今後の見通しに関しては円高の基調にはならないという事を言っていました。最近は急激な円高などが進まない状態なので、2020年の東京オリンピックまではアメリカの経済は好調を維持する事を考えています。世界の経済は生き物と言われていますので、景気は好景気をいつまでも維持するという事は考えられません。株価などの動向をしっかり確認して、物価高になる前に備えをする事が重要なのかもしれないです。即日キャッシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です