青汁の効果は?

「健康に色々いいらしい」というイメージはあるものの、具体的に何がいいの?と聞かれるとよくわからないという方も多いのが青汁。

青汁には、塩分の排出に役立つカリウムや食物繊維、血圧を下げる効果のあるマグネシウムなど、高血圧に効くとされる成分がたくさん含まれています。

また、ケールの青汁は、摂取することでヒトの血圧を降下させるという実験結果が出ています。

抗酸化・抗老化・生活習慣病効果
青汁には、抗酸化作用の高いビタミン類やポリフェノールが含まれています。

特にケール青汁、よもぎ青汁、大麦若葉青汁では実験で抗酸化効果・抗老化効果が認められており、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果が期待されています。

血糖値の上昇抑制効果
青汁の原料である緑黄色野菜には豊富な食物繊維などにより血糖値の上昇を抑制する効果があることが知られていますが、 抽出物である青汁にも血糖値を降下させる作用があることが分かっています。

特にケールやよもぎ、大麦若葉の青汁では動物実験で血糖値上昇抑制、または糖尿病に対して有効であるという結果が出ています。

青汁はアレルギーを抑制する働きがあるといわれています。 その理由は免疫調節作用。免疫細胞の一種である「T細胞」に働きかけ、アレルギー反応を起こすIgE抗体の生成を抑えるそうです。

特にケール青汁、よもぎ青汁は、目や鼻、皮膚などのアレルギー症状を改善する可能性が期待されています。

この他にも、青汁には「デトックス効果」「便秘改善効果」「口臭、体臭の抑制」「貧血改善効果」「骨粗しょう症予防効果」など、多数の効果があるとされています。

ケールの青汁は、摂取することでヒトの血中中性脂肪の量を減らすという実験結果が出ています。血中中性脂肪の量が増えると動脈硬化やその他の心疾患につながりやすいといわれており、食事や生活習慣で予防することが大切です。

青汁は何に溶かすかによってバリエーションの幅が広い飲み物です。青汁の味が苦手な人は、牛乳や豆乳に混ぜたりと、工夫して青汁を飲んでいるようです。牛乳や豆乳を加えることで、抹茶オレのように甘味が増して飲みやすくなります。
青汁に果物を加えてミキサーにかけ、スムージーのようにして飲むのもおすすめです。

青汁は緑の色といい、抹茶にとてもよく似ていますから、抹茶代わりに料理に使うことができます。
健康サポートをしながら、お手軽に抹茶のドリンクやスイーツを楽しみたいという方が利用しています。

青汁を飲み物や料理などに入れる際に重要なのは、とけやすさです。
飲料メーカーは専用のシェーカーなどを付けて飲み物などにとかしやすくなるように工夫していますが、いちいちシェーカーを使って粉末をとくのは面倒です。
メーカーにより料理へのとけやすさに差がありますから、すぐにとけてダマにならないものがおすすめです。

青汁を飲み物にとかす際に気をつけたいことですが、加熱することでビタミンCなどの栄養素が壊れてしまうことがあります。
栄養素の性質にも注意することが大切です。

下記のブログではトクホの青汁を飲んで健康になったブログを書いています

よかったらお読みください。

緑でサラナ 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です